まず”速読”とは、文章を早く読むための技術であり、
時には読書法も含まれる場合もあります。

”速読”を習得するには、視野を広げたり、
理解度の向上が必要であるが、
さらに情報を引き出す速度を改善する必要もあります。

”速読”の目を作るための訓練と、
速読の脳を作るための訓練が必要であると言えます。

”速読”を習得するにあたって、
数々のセミナーや講習がありますが、
通うには結構な金額が掛かってしまい、
誰でも簡単に通うことは出来ません。

そこで、このブログでオススメしているのが

 

速読ソフト『スマートリーディング』

 



 

を使ってトレーニングをすることです。

そうすることによって誰でも気軽にトレーニングができ、
速読を身に付けることが出来ます。

今まで効果を発揮出来なかった方でも、
効果を実感することが出来ます。


速読ソフト『スマートリーディング』なら

 

●時間が無いから、高速で本を読みたい
●速読しつつ、本の内容をしっかり理解したい
●楽しみながら速読トレーニングしたい
●読んだ本の記録を簡単に残せるようにしたい
●セミナーに行くよりも安く速読を学びたい
●本だけでなくビジネス文書や論文も速読したい
●脳を活性化し記憶力やイメージ力を高めたい

 

こんな考えを持っている方に大変オススメ出来ます。

是非とも速読ソフト『スマートリーディング』
速読を身に付けてみてはいかがでしょうか。

 

→→『スマートリーディング』についての詳細はこちら ←←

マインドマップの利点とは,どのようなものなのでしょうか?

ひとつ挙げるのならば,ブレインストーミングとよばれる,作文などをするときの下準備の作業のために活用できることです。

代表的なブレインストーミングのやり方には,フリーライティングとよばれる,ひたすら思いついたことを書きつづける方法や,マインドマップと類似した手法ではありますが,思いついたことを箇条書きする方法があります。これらは,英語圏の高等教育機関においては,作文における重要なスキルとして教えられています。

では,いくつかあるブレインストーミングのスキルにおいて,マインドマップがほかのものよりも勝っている要素とは,どのようなものなのでしょうか?



1.つくりやすいこと

マインドマップの第一の利点には,つくりやすさにあります。フリーライティングや箇条書きのように,ひたすら思いついたことを書く必要がありません。思いついたことを,手短に書いて,それに関連するキーワードについて考えることで,マインドマップをつくることができます。

さらには,フリーライティングや箇条書きとは異なって,マインドマップの作成においては,多くの時間を要するものではありません。限られた時間のなかで,ブレインストーミングをやるときには,マインドマップが効果的であると思います。

2.視覚的なアドバンテージ

マインドマップのもうひとつの利点は,視覚的なアドバンテージがあることです。わたしたちは,ブレインストーミングから得た情報や知識をもとにして作文を書くのですが,決められたテーマに沿って作文を書くにあたって,どの情報が一番大切なのか,そして,どの情報とどの情報が関連しているのかがすぐにわかる方法が効果的であるとされます。この作業を行うにあたって,フリーライティングや箇条書きの場合,作業に時間を要することが考えられます。フリーライティングや箇条書きですと,たくさん書いたことのなかから,必要な情報を見つけることは,少々時間の要る作業でもあります。

一方,マインドマップでは大切な情報や,関連している情報がすぐに見つかるので,作文を書くにあたって,必要な情報をすぐに見つけることができるというメリットがあります。まるで,地図で道路をたどるような感覚で,情報を集めたり,まとめたりすることができるのも,マインドマップの利点です。

・ひとりでも多くの人々に実践してほしい,マインドマップの使いやすさ

何かしらのアイデアを集める必要があるとき,そして,それらをまとめる必要があるときに,マインドマップが重宝されます。つくりやすさ,まとめやすさ,さらには,見やすさがあるからこそ,マインドマップが幅広く活用されているのだと思います。はじめのうちは,つくりにくさを感じるのかもしれませんが,すぐにその魅力がわかると思います。

☞☞☞速読トレーニングソフト『スマートリーディング』の詳細はこちら☜☜☜

スマートリーディング(スマートリーディング2も含めて)には,マインドマップを作成する機能があります。スマートリーディングでは速読マップとよばれていますが,この機能を十分に活用する方法を紹介します。

マインドマップをつくる人々が多くなったと思いますが,どうしても,さまざまな事情があって,フリーソフトに頼ってしまう人々が多くいると思います。

どうせ,マインドマップなんだから…,フリーソフトで十分だろうと思うかもしれません。

しかしながら,フリーソフトのほとんどには,その機能に「制約」あるいは「制限事項」がありますので,使いやすいソフトかと言われれば,そうではないと思います。

しかしながら,スマートリーディングでは,フリーソフトとは違い,ユーザーが自由にアレンジのできるマインドマップを作成することができます。



さらには,JPEG形式のファイルとして出力・保存することが可能です。こうすれば,ほかのファイルに貼りつけることも出来ます。

スマートリーディングのイメージというと,ついつい,速読のソフトであると思われがちですが,マインドマップをつくることもできるので,「かゆいところの手が届く」様な存在でもあります。

☞☞☞速読トレーニングソフト『スマートリーディング』の詳細はこちら☜☜☜


先日,スマートリーディングをリニューアルした,スマートリーディング2
発売されました。

スマートリーディング2は,確実に速読スキルが身につくことをモットーに
開発されました。

そして,ひとりでも多くのユーザーが速読のスキルを身につけられるように,
新しいトレーニングを追加しました!

今回はそのうちの,スキャニングトレーニングを紹介します。

スキャニングトレーニングとは,文章中のキーワードを素早く見つけるための
トレーニングです。このトレーニングによって速読のスキルのみならず,
文章読解力も身につきます。一石二鳥,といったところですね。

スマートリーディング2スキャニングトレーニングでは短い文を10秒以内
読み,そこから指定されたキーワードを見つけるトレーニングをおこないます。
時間が限られていますので,1文字でも多く,1秒でも速く読むことが重要です。

速読トレーニングソフト『スマートリーディング』の詳細はこちら

それでは,「物は試し」といいますから,実際にスキャニングトレーニング
挑戦してみましょう。

まずは,スマートリーディング2を立ちあげましょう。
目のトレーニングを選んでください。



スキャニングトレーニングを選んでください。



1問:



答え:



2問:



答え:



3問:



答え:



さあ,10秒以内に見つけられましたか?

楽勝でしたか?

それとも,難しかったですか?

読むスキルとは,身につけるのがちょっとだけ難しいのかもしれません。
でも,一度身につけてしまえば,あなたにとっての「財産」になると思います。

スマートリーディング2で速読のスキルを確実に身につけて,
人生の「リア充」を目指してはいかがでしょうか?

速読トレーニングソフト『スマートリーディング』の詳細はこちら

速読のトレーニングにおける王道

☞☞☞速読トレーニングソフト『スマートリーディング』☜☜☜

いつでも、どこでも、速読のトレーニングが出来ちゃいます!

これまで、『スマートリーディング』をとおした、速読のために必要な、
基礎的なトレーニングを色々と紹介しました。

そこで今回は、ちょっとだけ背伸びをしちゃいましょう。

【スマート速読術】から、「専門書コース」に挑戦!

わたしたちは、いつも同じようなものばかりを読んでいるわけではありません。

新聞や雑誌の記事だけではなく、教養書や専門書を読む(あるいは、読まされる?)
こともあります。

専門書を読むことなんて、特別な知識やノウハウをもっている人々だけが出来ることだと
思っていませんか?

ほんとうは、誰もが専門書を読むことが出来るのです。

今回は、その「秘訣」を、『スマートリーディング』を使ってトレーニングしましょう

最初に、速読トレーニングソフト『スマートリーディング』を起動しましょう。



【ホーム画面】が表示されましたね。



画面右上に表示された、【スマート速読術】をクリックしましょう。



準備はいいでしょうか?それでは、【専門書コース】をクリックしましょう。



【スタート】ボタンをクリックして、トレーニングをはじめましょう



クリアリングを聴き、速読のための最適なコンディションを整えましょう。



ひとつひとつのトレーニングを、しっかりとこなしていきましょう。



ひとつの項目が終わったら、【次へ進む】をクリックして、つぎの項目に進みましょう。


~~~トレーニングを終えて~~~

さて、トレーニングの30分間はいかがでしたか?

長かったですか?

短かったですか?

どのようなスキルが大切だったと感じましたか?

どのようなスキルが身につきましたか?

『スマートリーディング』をとおして、専門書を速読するスキルを身につけたら、
これまでよりもさらに、有意義に時間を使うことが出来るようになるとおもいます。


読むスキルが、一段と上達しましたね。
限られた時間のトレーニングで、読んだ内容をしっかりと把握できるようになることも、
夢ではありません

☞☞☞速読トレーニングソフト『スマートリーディング』の詳細はこちら☜☜☜

速読のトレーニングを行い、

読書のスピードを上げていくことで、

効率よく自己向上のための勉強を進めていくことが出来ます。

 

例えば今まで200ページ程の新書を1冊読むのに、

2時間以上かかっていた人が、

1冊30分で読めるようになったら・・・。

 

単純に計算しただけでも学習効率は4倍になりますよね。

 

速読トレーニングを行い、

本を速く読めるようになると、

自由に使える時間もそれだけ増えていきます。

 

その時間を、

さらなる学習の時間に当てることも出来ますし、

自分の趣味の時間に当てることも可能です。

 

そんな速読を身に付けるのにちょうどいいのが、

☞☞☞速読トレーニングソフト『スマートリーディング』☜☜☜

という速読トレーニングソフトなんです。

 

今回はその中の速読トレーニングの1つ、

スマート速読術(基本コース)について ご説明していきます。

 

まず最初に、速読トレーニングソフト『スマートリーディング』を起動します。


起動させたら、画面右上に表示された【スマート速読術】をクリックします。


 

 

次に【基本コース】をクリックし、【スタート】ボタンをクリックします。


 

 

そうすると速読トレーニングがスタートしますので、 音声案内に従い、

本を読むのに最適な 心身の状態を作り出すためのクリアリングを聴き、

 

本全体のプレビュー

→全ページの写真読み

→重要と感じた部分のスキミング →読書記録

の順に行っていきます。

 

1つの項目が終わったら、【次へ進む】をクリックしていきます。


 

 

この速読トレーニングを行うだけで、

新書1冊程度の本なら、30分で読めるようになります。

 

速読をマスターすると、

時間を有意義に使えるようになりますよ。

 

☞☞☞速読トレーニングソフト『スマートリーディング』の詳細はこちら☜☜☜

速読の技術を習得するには、視野を広げたり、
理解度の向上が必要ですが、さらに情報を
引き出す速度を改善しなければいけません。

速読の目を作るための訓練と、
速読の脳を作るためには、地道な
トレーニング訓練が必要であり、
大変手間と時間が掛かってしまいます。

 

そんな速読するための速読トレーニングを
楽しみながら簡単に出来てしまうソフトがあります。


そのソフトとは、、、

 

☞☞☞速読トレーニングソフト『スマートリーディング』☜☜☜

 

です。

今回は、『スマートリーディング』の
”目のトレーニング”項目の最後である
”速読マスタートレーニング”を使って
速読トレーニングする方法をご紹介します。

 

まず、最初に速読トレーニングソフト『スマートリーディング』を起動します。



起動させたら、画面右上に表示された【目のトレーニング】をクリックします。



次に【速読マスタートレーニング】をクリックし、
【文字数】、【速度】、【動き、【文庫】を
設定した上で【スタート】ボタンをクリックします。



表示された文章の太文字部分を目で追い、
内容を理解します。

読めるようになったら、一度に読む
文字数を増やしていきます。

また、テキスト形式のファイルを
読み込むことも可能です。



この様に、目のトレーニングで
各トレーニング方法をしたら、
最終的に”速読マスタートレーニング”で
最後の追い詰めをしていきましょう。


 



 

速読を身に付けられれば、より読書を堪能できますよ。

 

☞☞☞速読トレーニングソフト『スマートリーディング』の詳細はこちら☜☜☜

”速読”とは、文章を早く読むための技術であり、
身に付けるためには、視野を広げたり、
理解度の向上が必要であるが、
さらに情報を引き出す速度を改善する必要があります。


”速読”を身に付けてしまえば、
本を読むのが早くなるのは勿論、
あらかじめ意識下で活字情報を処理させて、
内容の高い情報処理が可能になります。

そんな”速読”を身に付けるためのトレーニング方法ですが、
このブログでは、

速読ソフト『スマートリーディング』

を使ってトレーニングすることをオススメしています。

 



 

今回は、その『スマートリーディング』を使って”二点読みトレーニング”する方法をご紹介します。

まず、最初に『スマートリーディング』を起動します。



起動させたら、画面右上に表示された【目のトレーニング】をクリックします。



次に【二点読みトレーニング】をクリックし設定の【文字数】【速度】【動き】【文庫】を設定した上で【スタート】をクリックします。



表示された文章のうち、太字部分だけを読んでいきます。



10文字を0.5秒から開始し、読めるようになったら
文字数を増やし秒数を減らします。

12文字ずつ0.3秒で読めるようになることを目標にします。

『二点読みトレーニング』をすることで、
文章を一つの固まりごとに読むことが出来るので、
読書する速度が向上します。

このように『スマートリーディング』を使って、
様々なトレーニングをし速読を
身に付けてみてはいかがでしょうか。

読書する楽しさがより分かりますよ。

「速読」とは、その名の通り、文章を速く読む技術のことです。この意味について広く知られるところですが、速読の方法となると、まだ一般的にはほとんど理角写されていないようです。多くの人が抱くイメージは「速読とは、斜め読みや飛ばし読みの一種」というもの。しかし、これは全くの誤解です。従来の読書方法は、一字一字を目で追いかけていく「なぞり読み」と呼ばれるもので、斜め読みや飛ばし読みもその延長にあります。これに対し、速読法は、文章全体を風景のように見て、瞬時に内容を理解するものです。これを「視読」と言います。斜め読みや飛ばし読みでは、文章を味わえず、内容把握が雑になり、ストレスが増えるのに比べ、速読法では、文章を的確に理解、記憶することができ、味わうことさえ出来ます。応用出来る分野も実に広範囲です。受験勉強に、仕事に大きく役立てられます。
「読書が変わる」「勉強法が変わる」「仕事が変わる」あなたも速読法で暮らしの幅を変えてみてはどうでしょうか。

そんな「速読法」ですが習慣的に気軽に勉強出来て、速読法を身に付けることが出来る素晴らしいパソコンソフトをご紹介します。

それはインターナル社が販売している速読ソフト「スマートリーディング」です。

今回はその「スマートリーディング」を使って「固定読みトレーニング」の方法をご紹介します。

まず、最初に「スマートリーディング」を起動します。



起動させたら、画面右上に表示された【目のトレーニング】をクリックします。



次に【固定トレーニング】をクリックし設定の【文字数】【速度】【動き】【文庫】を設定した上で【スタート】をクリックします。



表示された文章のうちの一定文字数が太字で表示されるので、その部分を読んでいきます。



10文字を0.5秒から開始し、読めるようになったら文字数を増やし秒数を減らします。12文字ずつ0.3秒で読めるようになることを目標とします。

「固定読みトレーニング」をすることで文章を固まりごとに読む速度を鍛える速さが向上します。

速読法を身に付けたら、より一層読書を楽しむことが出来るでしょう。

以上の方法で速読トレーニングしてみてはいかがでしょうか。

→→「スマートリーディング」についての詳細はこちら ←←

速読とは文章を早く読む為の技術であり、場合によっては読書法も含まれる場合もあります。
読書速度を向上させ効率的に大量の書物を読破させる技術です。

しかしその「速読術」を取得するにあたって、大変な努力と道のりがあります。
取得する為には、視野を広げたり、理解度の向上などが必要であるが、さらに情報源を引き出す速度を改善する必要もあるのです。

そんな「速読術」ですが、「取得したいけど勉強するのが面倒である」「取得したいけど、どういった方法で勉強したら良いのか分からない」などと思った方に、速読術を取得出来る素晴らしいパソコンソフトをご紹介します。

そのソフトとは、インターナル社が販売している速読ソフト「スマートリーディング」です。
今回はその「スマートリーディング」を使って「認識力向上トレーニング」の方法をご紹介します。

速読術が取得出来るソフト「スマートリーディング」についての詳細はこちら

上記のリンクにてダウンロードしましたら、まず「スマートリーディング」を起動します。



起動させましたら画面に表示された項目の右上の【目のトレーニング】をクリックします。



次に【認識力向上トレーニング】をクリックして、設定の【枚数】【表示時間】【問題数】を設定した上で【スタート】をクリックします。



一瞬だけ表示される複数のカードを記憶し、後に表示されたカードと同じカードをクリックで選択します。



【枚数】【表示時間】【問題数】を変更しトレーニングすることで認識力がより向上します。

速読の技術を習得したら、理解度、情報を引き出す速度が速くなり、より一層読書を堪能できるでしょう。

以上の方法で速読術を取得するためのトレーニングをしてみてはいかがでしょうか。



  • SEOブログパーツ